シェアウェア作家になって、自作ソフトを販売しよう

シェアウェア販売に関する費用


こんにちは。石田宏実です。

 

 

シェアウェアの販売を行うには、どのくらいの費用が発生するのでしょか。毎月何万円もかかるようだと、正直言ってやってられません。

ご安心ください。毎月500円程度です。
もちろん戦略にもよりますが、はじめはそのくらいを見積もっていただければ十分です。

金額の内訳は

  • レンタルサーバ代金(月300円)
  • ドメイン維持費用(年間950円=月79円)

です。はい、500円以下です。

おわかりのように、これらの費用はホームページを立ち上げるために必要なものです。ですから「Yahoo」や「FC2」などの無料ホームページサービスを利用した場合には、上記費用すらかかりません。まったくの「0」円です。

 

無料でホームページ

※Yahooジオシティーズはこちら

 

しかし0円でホームページを立ち上げた場合には、広告が入ってしまうことが多いので、できればお金を払ってホームページを立ち上げていただきたいと思います。

 

とはいえ細かいところだと、上記以外にも多少費用がかかるかもしれません。たとえば・・・

  • 開発環境(Express Editionだと、無料でVB、C#、C++での開発ができるため、費用はかかりません)
  • ホームページ作成ソフト(ソースをガシガシ書いていくことができる人は不要ですが、それでも持っていたほうが便利かもしれません。ただしVectorで「ホームページ作成」と検索すると、無料のものも結構出てきます。)
  • インターネット接続費用(いまどきインターネットに接続できない人はいないと思うのでですが、一応書いておきます)。
  • パソコン(これも一応書いておきます・・・)。

こんな程度です。Vectorのシェアレジを使えば、決済に関わる手数料も発生しません。

Return Top