シェアウェア作家になって、自作ソフトを販売しよう

シェアウェア購入での不安


こんにちは。石田宏実です。

 

我々ソフトウェア開発のプロは、素人の気持ちを忘れがちです。
意外とシェアウェアの導入には抵抗があったりするのです。

購入者はシェアウェア導入の検討において、以下のような不安を抱えていることがわかりました。

  • 導入できるのだろうか?
  • ウィルスに感染しないだろうか?
  • クレジットカードの番号を入力しても大丈夫だろうか?
  • サポートはしてくれるのだろうか?
  • あとから何らかの理由を付けて、請求されないだろうか?

これらの不安を事前に取り除くための工夫をしないと、ヒットするシェアウェアを作ることは不可能です。

ではこれらの不安を取り除くための方法は、果たしてあるのでしょうか?

 

残念ながらありません。ですから、できるだけ軽減するための工夫をするしかないのです。

もっとも簡単なのは明記することです。

  • 「導入は簡単です。」
  • 「セキュリティに配慮していますので、ウィルスへ感染する恐れは一切ございません」
  • 「ソフトウェア販売で有名なVectorの決済サービスを利用しております。」
  • 「導入、使い方などに関するサポートはメールにて受け付けております。」
  • 「ご請求させていただくのはソフトウェア購入代金のみです。」

たったそれだけのことですが、効果は絶大です。

Return Top